知っておきたい知識

お問い合わせ

相続税とは

相続税とは、人が死亡した際に財産が移転したときに、その財産に対して課される税のことです。財産の金額次第では、課税されない場合があります。

  • 「お亡くなりになった方=被相続人」
  • 「財産を承継した人=相続人」

と呼びますので覚えておきましょう。

相続は人が死亡することで開始し、一般的には死亡日が相続開始日となります。

「失踪」不在者の生死が7年以上明らかでない場合7年間の期間が満了したときに死亡とみなされます。

相続税の税額計算シュミレーション!

シュミレーション

ページトップに戻る

課税対象となる財産の範囲

図

配偶者への特定贈与財産(相続税法21条の6)を除く

みなし相続財産とは

みなし相続財産とは、亡くなった時点では、被相続人が財産としては持っていなかったが、被相続人の死亡を原因として、相続人が受け取ることになった財産のことです(相法3)。

0120-98-0444

お問い合わせ

ページトップに戻る